【青い夜、ジョンヒョンです】20140203~ジョンヒョン、そして青い夜~ ⑦

20140203 青い夜、ジョンヒョンです。
~ジョンヒョン、そして青い夜~ ⑦






青い夜、ジョンヒョンのフリースタイルお送りしています。まだまだ続きますよ。


僕は、歌を聴くとき、歌詞を注意深く聴いてしまいます。その中でも、ジャン・ギハと顔たちの歌詞が、頭にすごく残っているんですけど、生活密着型の歌詞です。最高です。

僕は、音楽は日常生活の中にあるものだと考えています。日常生活の中で、歌詞を探すタイプでもありますし。
今日僕が選曲した曲は、『TV를 봤네(テレビを見たんだ)』という歌なんですけれど、
この歌の歌詞の中に、「なぜ字幕が現れるとても短い間は、また、CMからCMに移り変わる、無いに等しい時間の中では、あ、あ、あ、」っていう部分があるんですけど! 

僕なら、「あ、あ、あ、」の代わりに、「なんでただぼーっと見つめているのだろう」「CMとCMの間の時間は、何の考えもなくいるのだろう」という歌詞を書いていたと思うんですけど。もしも僕が歌詞を書く人だったなら。

そうせずに、「あ、あ、あ、」この三文字で、どれだけ多くの感情を表現しているのかということに、とても驚きました。感嘆をしすぎていますよね。聴いている人に任せているということじゃないですか、歌の解釈を。「その移り変わる短く短い時間に、たくさんのことを考えるだろう」と解釈するのか、「その時間になんで僕は黙っているのだろう?」こんな解釈もできるし。

聴いている人と、歌う人の心が通じ合わなければいけない、と再確認させられる歌でした。みなさんにも1度聴いていただけたらなと思って選曲しました。生活密着型、歌詞がよく聞こえる歌、ジャン・ギハと顔たちの『TV를 봤네(テレビを見たんだ)』お聴きいただきます。


♪ジャン・ギハと顔たち『TV를 봤네(テレビを見たんだ)』




ジャン・ギハと顔たち『TV를 봤네(テレビを見たんだ)』、お聴きいただきました。途中で少しだけ飛びましたよね、こういう時、DJが必ず言う言葉があります(笑)何かわかるでしょう?みなさん。

これがまさに、生放送の醍醐味ではないですか!!(笑) いやぁ初回放送からこうやってミスが起こったので、これから大成功するんじゃないですか!?という考えで、僕は今楽しい心で臨んでいます(笑)


青い夜、ジョンヒョンです。お送りしています。今は、DJジョンヒョン、僕の自己紹介の時間、ジョンヒョンのフリースタイルをお聴きいただいています。


ここで、僕の家族の話をしたいんですけれど、その中でも、お母さんの話をしたいです。
お母さんと言うと、思い出す料理があります。コッケタンなんですけれど。

僕は、韓国で新型インフルエンザにかかった人の中で、順番がかなり早い方だったと思います。その時、活動期間中に、新型インフルエンザにかかって、辛かった時期があったんですけど、
僕がすごく辛そうにするから、お母さんがコッケタンを作ってくださったんです。

でも、コッケタンて、とてもおいしいけど、殻をむいて食べるのが、難しく大変じゃないですか。そうじゃなくても、体調が悪くて、ナーバスなのに、お母さんが食べにくいコッケタンを作ったので、かっとなった時があったんですよ。「なんで体調が悪いのに食べにくいものを出すの?」と。

でも、その時は知らなかったんですけど、治ってから、お母さんの話を聞いたら、僕が、幼い時に、熱が出たり体調が悪いと、渡り蟹料理を作ってとねだったらしいです。カンジャンケジャンとか、コッケタンとか。

僕はその記憶がないんですよ。でも、僕があまりにも辛そうだから、お母さんが何かしてあげたいと思って、ずっと考えていたら、僕が幼い時にコッケタンを食べて元気になったことを思い出して、作ってくださったんですよ。
すごくダメな息子ですよね。お母さんは僕のことを考えて作ってくれたのに、それも知らずに、かっとなって怒ってしまって…。

それで、お母さんに謝罪する意味も込めて、お母さんが好きなイ・ムンセ先輩の歌を選んでみたんですけれど、僕の母も、幼いころからずっと『별밤(星空)』を聴いていたと言います。
好きな歌手を尋ねてみても、イ・ムンセ先輩のコンサートに言ってみたいという話をたくさんします。なので、初のラジオDJで、みなさんに絶対にお聞かせしたい歌がありました。その曲がまさに、イ・ムンセ先輩の『가로수 그늘 아래서면(街路樹の影の下でなら)』です。

僕の母が好きな曲なので、一緒に聴きたいです。僕が今日の朝、家を出るときに、お母さんが、「がんばってきてね~必ず聴くね~」って言っていたんですけど、今聴いていると思います(笑)ちゃんと聴いていますよね?オンマ?

はい、みなさんと疎通して一緒にお話をしたくて、お母さんの話をしてみました。誰もが共感できる話じゃないですか。それでは、イ・ムンセ『가로수 그늘 아래서면(街路樹の影の下でなら)』お聴きいただきます。


♪イ・ムンセ『가로수 그늘 아래서면(街路樹の影の下でなら)』







イ・ムンセの、『가로수 그늘 아래서면(街路樹の影の下でなら)』お聴きいただきました。とても良い歌ですね、ストレートで。







お父さんが、寝ていたのに起きてきて、私の部屋のドアを開けたんです、なんで寝ないのかって。そう言ってから、イ・ムンセの歌を一緒に聴いています。









は~とても良いですね。ご両親と一緒に聴く青い夜。僕も、お母さんに聴かせたい歌だったので、ご両親と一緒に聴いていただいて、寝る前に一言だけ、「大好きです(サランヘヨ)」と言ってくださいね。









続けて、フリースタイルの歌を紹介しようと思います。

この時間まで起きている皆さんと同じように、僕もこの時間に寝ません。僕はもともと夜に眠らないんですよ。夜明けまで、インターネットをして、作曲して、作詞して、音楽を聴いて、映画を見て…っていう感じなんですけど。

その時、よく聴く歌があります。深い夜に聴くのにぴったりな、セクシーな声のボーカルです。女性にとても人気な、Jaff Bernatの『Call You Mine』です。

フィリピン生まれのJaff Bernatは、アメリカの歌手ですよね。ですが、韓国やアジアで人気がとてもあります。24歳です。僕と同い年ですか?そうしたら?アメリカの歳だから?違うのかな?とにかく、僕と同世代の歌手ということですよね。
とても魅力的な声のボーカルですよね。毎晩僕はこの歌を聴いていたんですけど、今日はみなさんと一緒に聴くと思うと、とても良いですね。

僕が好きなものを他の人と一緒に楽しんで、そしてその人が僕と同じくらいそれを気に入ってくれると、ビリッと来るじゃないですか。これから、毎日がそうなるといいなと思います。

それで、Jeff Bernatの『Call You Mine』を準備しました。この曲を最後に、ジョンヒョンのフリースタイルを締めくくりたいと思います。今日は僕の話をたくさんしましたが、これからはみなさんのお話もたくさん聴かせてくださいね。待っています。お聴きください。


♪Jeff Bernat『Call You Mine』








ーーーーーー

종현이오빠,
오빠는 못된 아이가 아니었어요 절대로.
오빠는 우리의 자랑이니까.
사랑해요.

Yossie



この記事へのコメント

  • Kota

    ジョンDまだ初々しくてすごく話もおもしろい!丁寧に訳してくださって有難いです! ラジオはジョンくんのエピソードや大好きな音楽がいっぱいで宝物のよう。嬉しいです😊
    2018年08月24日 00:58